Abstract paintings - Abstract Landscapes - Landscape Paintings - Abstract landscape paintings
 

このページを友人に勧める    お気に入りに追加する
    Espa˝ol
   English    Franšais   Italiano   Deutsch    日本語

評論

 


評論
 

アナ・カブレラ・グロスにとって、絵を描くという行為は旅を意味している。経験、感覚、感情へのアドベンチャーである。彼女の作品たちは総じて抽象画であるが、それらは彼女の人生の様々な出来事から受けた心の内外の動きを表しており、彼女は、芸術だけではなく、絵を描くという行為自体をもって見る者にこれを表現している。

アナ・カブレラ・グロスにとってインスピレーションは様々なリソースからいろいろなかたちで訪れる。そしてこのインスピレーションをアートという、形あるまた意味あるものに変えるプロセスこそが彼女の創作活動である。彼女の作品は見る者を理知的、精神的、心理的なレベルから人生を豊かにするものである。

美、発見、成長、目覚め、発展 - これらのクオリティーはアナ・カブレラ・グロスの作品の中に織り込まれている。彼女のすべての作品には物語があり、人生の経験を芸術的に証明するものである。彼女の作品には彼女自身にとって個人的な意味があり、彼女の作品を観る者は彼女の感性を垣間見、そこから特別な意味を見出すことが出来るだろう。

アランバンバーガー 2008


 

アナ・カブレラ・グロスの作品は人々の心の内面的な感情を鮮やかに表現している。彼女の心は色、生命、バイブレーションであふれており、その心が絵を生み出している。壁に掛けられた彼女の絵は見る者に語りかけ、元気を与えてくれる。どうすれば人生、感情をキャンバスに表現できるのか?アナ・カブレラ・グロスはその方法を知っています。画家として将来が有望視されているアナ・カブレラ・グロス。彼女の作品を目にする人が増えるほど彼女の作品は重要度を増していく。

デービッド フィリップス 2008
広報ディレクター - Fine Art Registry


 

存在するものの動きから光と意味を描き出すアナ・カブレラ・グロス独自の方法は、ある時は見る者にめまいのようなものを覚えさせ、また心地よさを覚えさせる独特の世界を表現する。作品の中の光とフィギュアに閉じ込められた声と静寂に耳を澄ますと取り留めのない気持ちが湧き上がってくる。

奈落を渡りぬけるフレーム。あるべき姿ではないフレーム。それは扉。男が通り過ぎていく ブランチョは口にした。彼はいつも通りすぎていった。通り過ぎる時、いつも叫ぶんだ いや、叫んでいるのではない。それはささやきの叫びなんだ

中央の翼のような光を隔てた潤沢な赤と青。これは彼女の芸術的な内なる声を表現している。澄み渡った空によって包まれている風景のそこに表現され明らかな黄色い静寂。明らかな、という表現をするのは、彼女が抽象のカオスを、自然や人間などの有形のものに変えるからである。

彼女がそれらに与える秩序は上方から降臨し、そこに存在する者達はその光を仰ぐ。彼らの背中がこちらに向けられているところは、洞窟神話のプラトニックな概念に共通するものを感じさせる。そこにある静寂の片鱗についてはよく議論されている。定義されていない言葉とそこに座っている女性達のコントラストは、あたかも彼らが沈思のステージに置かれていることを思わせないだろうか?

イリスが中央に鎮座している絵。これは復活を意味しているのか?豊潤な自然の力強さの中に存在する繊細さ。崩壊は神秘の洞窟の入り口を見つめる人間の姿のインストール。おそらくこれは神話の起源を詩的に置き換えられたもの。永久と変化の存在と共に。時に自然の連続と共に。時に彼女の表現の投影と共に。

彼女の絵画は官能的な繊細さと神聖的な繊細さのコンビネーションである。それは相反するコンビネーションではなく、躊躇が内在した、調和し共棲しているコンビネーションである。ラインのバイタリティーと力強さ、色使いは日常を打ち壊し、静寂をそこに表現する。メタファーはそこにあるものに対して深みを与え、確かなところでは彼女の世界観を与え、見る側一人一人がそれぞれ自由な解釈をすることができる。

ジュリア ロカ 2007


芸術にはその表現のために、時に修正を要する人間の境遇と同じように特別なコンテンプレーションが求められる。それを実現するために、どんな色と素材が必要なのか見極めなければならない。これを行う者は一生涯、やさしい愛撫をもってこれを追求し続ける。

アナ・カブレラ・グロスの作品は、彼女の中に存在する強いイメージをもって、タフなアーティストとして、このことを見る側に気づかせてくれる。彼女の作品は自覚と楽天さをもって、アナ・カブレラ・グロスという一人のアーティストのバイタリティーそして豊潤な自然を、賞賛すべき表現のジンテーゼの中に生み出している。

アナ・カブレラ・グロスは彼女の中のインテンシティーからメタファーをつくりながら、光、生命また新たな境地を常に探究している。彼女の作品は繊細さを内包した一貫した道徳的な決定と言える。そこでは母なる大地が我々に毎日新しい生気を与えてくれる。

ルイス デバイロスモウラ 2006

 戻る       


開始 | バイオグラフィー | 展示会 | 受賞作品 | 評論 | ギャラリー | コンタクト | リンク | 関連リンク

当ホームページにおける作品の複製は、画家アナ・カブレラ・グロスの手記による許諾がない限り認められておりません。 

SEO Argentina